対馬全カタログ「食」
観光    特産品  歴史  社寺  生き物
村落  人・暮らし  アウトドア  キーワード
2022年1月29日更新
まーさん堂の回転焼
【まーさんどうのかいてんやき】
i
冷たい回転焼も登場!
豊富な定番と期間限定メニューで
老若男女を引き付ける
コロナ禍にオープンするも、順風満帆
 「まーさん堂」は、2021年2月にオープンした回転焼を焼くカフェバーだ。店内でタピオカミルクティーを飲みながら、回転焼にパクつくこともできる。
 回転焼メニューは、2021年10月現在、基本の6種+ローテーションメニュー1種+不定期メニュー。基本6種は、黒あん、白あん、カスタード、チョコレート、栗あん、そして高校生に人気のハムマヨだ。ローテーションメニューとしては、イモあんとキャラメルミルクあんが交互に入れ替わる。不定期メニューとして、ハンバーグがある。
 2021年の2月にオープンしてしばらくすると、2時間待ち、3時間待ちの大繁盛。噂では、2カ月待ちとも囁かれていたらしい。それだけ待たされるのを覚悟しなければならない、ということなのだろう。
 コロナ禍のまっただ中にあっても順風満帆だったのは、味と店主の人柄以外に、回転焼そのものがテイクアウトが当たり前のスイーツだったことと、さらに対馬の人々が新しい甘味を求めていたからではないだろうか。
店主考案のオリジナル回転焼も
 黒あん、白あん、カスタードは比較的目にする回転焼メニューだ。チョコレートをつくっている店もあるかも知れない。しかし、ハムマヨ(ハム+マヨネーズ)はどうだろう。多くの人が聞いたことも見たこともない、まして食べたことはないだろう。
 店主自身が思いついたメニュー、オリジナルメニューとして、ハムマヨとハンバーグがあるそうだ。できるだけ対馬の特産品を使いたいということで、アナゴもメニュー候補に挙がっている。
基本6種と変化するメニューの妙
 まーさん堂の魅力として、まず回転焼でありながらメニューの豊富さがある。そして、その一部が変化する。例えば、栗あんとイモあんは季節限定メニューだったが、栗あんは好評につき、基本メニューに格上げされ、イモあんは季節限定から季節を問わないローテーションメニューに。そのローテーションメニューの一方がキャラメルミルクあんだ。
 また、春限定メニューとしていちごあんがあり、夏限定メニューとして、回転焼を冷やして提供する「ひんやりサンド」があり、ひんやりサンド特別メニューとして「黒あんサンドホイップ入り」が登場した。
 このように、いつもある種類と変化する種類で客に安心感を与えながら、関心を刺激する。このメニュー戦略が絶妙だ。
「ひんやりサンド」の告知
オープン日をインスタグラムで配信
 店主はまだ30代前半、小学校や保育所に通う子供をもつママさんだ。学校の行事ごともおろそかにしたくない。スポーツをしている子供の週末の応援も欠かしたくない。そんな忙しいプライベートとスイーツショップ経営を両立させるために活用しているのがインスタグラムだ。
 スマートフォンをもっていない人はちょっと困るかも知れないが、若い人にはインスタグラムを使った告知方法自体が、店とつながっている感を高め、かえってプラスに働いているのではないだろうか。
 こんなオーナーの肩の力を抜いた客商売というのも、その人柄もあってか、好イメージで受け止められているようだ。
まーさん堂 インスタグラムの画面:営業日情報、商品情報が掲示される
まーさん堂はビルの1階、外観が普通(=力んでない、肩の力が抜けている)というのもこの店に合っている
まーさん堂
〒817-0021 対馬市厳原町今屋敷768-2-102
Phone:0920-52-5250
インスタグラムhttps://www.instagram.com/ma_sando.cafebar/
Ⓒ対馬全カタログ